弁護士法人 広島メープル法律事務所
高次脳機能障害専門のご相談サイト

【広島】

082-223-4478

【周南】

0834-34-1645

初回相談無料

受付時間/月〜金曜 9:00〜17:30

メールでのお問い合わせ

メニュー メニュー

解決事例

後遺障害等級が併合4級であったが、将来介護費を認める内容で示談が成立した事案

Xさんは、自賠責の被害者請求をしたところ、高次脳機能障害5級2号を含め併合4級の認定が下りました。

将来の介護費は、後遺障害2級以上の場合に認められることが多く、Xさんのように4級では認められないことが多いのですが、実際にはXさんは作業所に通ったり、両親の看視介助を受けており、将来も看視介助が必要と思われました。

そこで、Xさんが通所している作業所を訪問するなどして、Xさんの介護状況に関する資料を提出した結果、将来の介護費も含めて、保険会社の提示額を大幅に上回る内容で示談が成立しました。
(他にも同様のケースあり)